2018に寄せて。

池田です。2018年になっちゃいました。気付いたら。LIVEもぼちぼちと決まってきましてこりゃあリハしなきゃやばいぞと宿題やってなかった小学生の如くリハに励んでおります。

とはいっても我々路傍の空をやっていない間は個々のソロワークだったり別プロジェクトを動かしたりで現場ってものを離れていないので勘が鈍ったとかでは無く。合わせてしまえばいつもの如く轟音の海に呑まれ、日々の憂いは忘却の彼方へ。

このバンドはそんなスタンスで良いんだなと、思いました。

バンドを続けるっていろんな考え方があるけど。このバンドがあるから日々のストレスもまあなんとかなる位の。一発音出せば吹き飛んじゃうもんね。みたいな。

かと言って力抜いてるわけでもない。

なんせ次の日若干仕事辛いですからねw

 

個人的にはアンプを仕入れてホクホクです。

VHTというメーカーなんですが最近のやつはもう商標権を売ってしまっていて。別メーカーがやってるんですがこいつは黄金期のUSA製。昔某ダイオキシンでF澤さんが使っているのを見て憧れたもんです。やっと手に入れられました。玉数も少ないのか中々中古でも出回ってこなくて。

うちのバンド結構中音がデカイんですがデカイからと言って4発キャビでガンと鳴らすと言うよりは1発をフルドライブさせたような感じが馴染むかなーと前々から思ってまして。

やっとスタジオで鳴らしてみましたが凄まじかったっすね。あのベースのナヲトさんが褒めてましたもんね。

コンさんの出音に負けてなかったっすもんね。やっぱり良いんだなあ。VHT。

 

今年はこんなセットで臨みます。諸々、轟音でぶった切る。